ごあいさつ

ごあいさつ

当社は1957年、産業機器用可変抵抗器の専門メーカーとして操業を開始しました。その後、お客様のニーズにお応えして可変抵抗器の商品ラインアップを拡大する一方、1976年には自動車用電装品の量産を開始し、2010年には無線モジュールの生産を開始するなど、電子部品メーカーとして着実に成長してきました。

当社のモットーはCS(顧客満足)を徹底的に追求することで、大きく変化するグローバル経済社会において、お客様の多様なニーズに即応できる体制を構築してまいりました。具体的には、本社の営業部門や技術開発部門等と国内3工場、中国2工場、内外の4販売会社が有機的に連携することで、開発・生産・物流・品質保証を迅速かつ柔軟に行うことに努めています。

エレクトロニクス技術が日進月歩で変化する中で、当社は伝統的な可変抵抗器の技術を核に、その周辺技術や製品領域に枠を拡げるとともに、車載用電装部品においても技術革新に取組んできました。非接触角度センサーや無線モジュールの量産体制構築はその一例であり、当社は今後とも、人と装置・機器間をインターフェイスする製品の開発・供給を通じて社会に貢献したいと考えています。

環境への取組みにつきましては、環境マネジメントに関する国際規格ISO14001の認証を取得し、環境に配慮した製品設計への取組みや適正な在庫管理による資源消費抑制など、全社的な運動を展開しています。また、コンプライアンス(法令遵守)の徹底に注力しており、内部統制プロセスを確立し、全役職員がこのプロセスと業務に関連する法令等を主体的に遵守し、さらに透明性と信頼感が高い組織を作っていきます。

 今後とも皆様の一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

                   
                                                東京コスモス電機株式会社
                                                      代表取締役社長
                                                          高橋秀実