製品情報

TOCOS 非接触リニアポジションセンサ SSMシリーズ

神奈川-2006年6月-東京コスモス電機(株)より
開発品 非接触リニアポジションセンサ SSMシリーズの紹介

SSMシリーズ

 当社は、従来より高信頼性の接触式リニアポジションセンサをご提供してきました。近年のリニアポジションセンサへのより高い信頼性と摺動寿命のご要求にお応えするため、非接触型 リニアポジションセンサの研究・開発を行ってきました。

 この度、当社独自の磁気回路設計によりカスタム対応の非接触リニアポジションセンサ技術を開発をいたしました。先に開発済みの小型非接触角度センサRSM12と同様に検出素子には リニア出力ホールICを採用。ホールICの選択によりローコスト・高温度使用・出力電圧範囲の仕様を選択可能です。  
 SSMシリーズは完成された接触式リニアポジションセンサのテクノロジを取り込むことで簡素な構造をとり、検出素子と摺動する部分が無く、摩耗しないので従来の接触式リニアポジショ ンセンサに比べ高摺動寿命が可能になります。また、腐食性ガスなどによる電気接点障害が無いので、高信頼性を得られます。カスタム対応製品を簡素な構成によりローコスト化と信頼性向上を実現いたします。

特徴
・非接触方式により、接点障害が無く高信頼性
・検出素子の摺動が無く高摺動寿命
・簡素な構造によりローコスト
・簡素な構造によりカスタム対応でもローコスト
・検知範囲は最大30mm(±15mm)
・必要により磁気シールド付きが可能
・ご要求仕様に合わせ、ホールICの種類を選択

 この製品は主にお客様からのカスタム要求に対応するものです。東京コスモス電機株式会社は 、センサ周辺を含むカスタマイズされたパッケージを提供いたします。可変抵抗器とポジションセンサに関する経験や試験、シミュレーションを行い、最適な形状と磁気回路デザインをし、試作品の製造から試験の実施、量産を行います。
 この製品では電気接点を排除した非接触ポジションセンサですが、通常、正しい位置検出のた めには可動部の軌跡を安定させるためのガイドとなる構造が必要になります。本製品では検出素子と摺動をさせないスペーサを兼ねたプレート上を可動部が低摩擦で移動する構造であり、振動 、衝撃に鈍感で安定した出力を得ることができます。ホールICについては、現在の位置を記憶するためのシステムや、大まかな位置検出、後の信号処理で補正、設定が可能な場合などはローコストの非プログラマブルタイプを選択できます。正確な絶対位置検出が必要である場合はプロ グラマブルタイプとすることでユーザが機器実装状態で最適化をすることもできます。

用途例
・車載用ポジションセンサ(ドアミラー角度検出、前照灯角度検出等)
・アミューズメント機器
・OA機器
・アクチュエータ
・バルブ開度検出
・その他、直線変位位置検出が必要で、耐振性、高信頼性、高摺動寿命が要求される用途

コンタクト: 開発部 非接触開発P NCSG promo@tocos-j.co.jp